派遣社員の契約満了問題とその待遇

通常人材派遣会社を利用して、派遣社員として仕事をする場合、必ず契約期間というのが存在しています。しかし、契約期間を終了した時点で、契約を更新することが可能な会社も多くなっているのです。もちろん契約を更新するか、別の仕事を探すのかを自由に選択できるのですが、大半の人は契約を更新することが多くなっています。

ただし、会社によっては契約の更新ができない場合もあるので、その時には必ず次の仕事を探すようになるのですが、あくまで契約は人材派遣会社と派遣先の会社で行われるため、人材派遣会社との登録は今まで通りとなっているので安心です。

更に転職支援の一環として、契約を更新しないで別の派遣先を選ぶ時には、色々なスキルアップができるように、セミナーを受けることや、講習会などに参加することも可能な場合もあります。契約を更新した場合には、そのまま普段通りに派遣先の会社へ出勤するようになるので、今までの生活と変わりなく仕事ができます。

人材派遣会社(派遣元)の待遇によるのですが、派遣先がみつかられなければ、自社のサービスを行うようにすることがあります。

もしくは、自宅待機というケースもあるようですが、その場合労働条件があっかして、給料が減るケースもあります。

常に派遣社員は、「契約更新」時期の問題を抱え続けており、40歳以上になると派遣先がぐっとへるため、問題が増えます。

派遣会社の社員は、誹謗中傷がおきやすい業界と知られています。待遇が改善されなければ、所属する派遣会社の風評被害を出すもとになりかねません。気をつけて、社員の待遇を改善している会社も増えていますが、今後のさらなる改善が求められるといえるでしょう。