請負と派遣の違いと誹謗中傷対策

自然

よく派遣と請負の違いを質問する人がいるのですが、請負と派遣はかなり似ているものの、実際には異なった雇用形態となっています。ではどこが違っているのかを見ていくと、どこから仕事の指示を受けるかという点が異なっているのです。

派遣は

「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする」(法第2条)

と定義されており、派遣労働者との指揮命令関係は派遣先企業にあります。

派遣は人材派遣会社に登録し、人材派遣会社の転職支援を受けて派遣先の企業へ赴いて仕事をするのですが、請負の場合には登録した会社から色々な企業へ出向いて働くという点では一緒になっています。

派遣の場合には派遣先企業の指示で仕事を行います。それに対して請負は人材派遣会社の指示を受けて仕事をするという点が違っています。(請負で、派遣先が直接指示することを禁じています。)

請負は他の企業に派遣されてからも、人材派遣会社の指示がなければ部署移動や仕事内容の変更はできませんが、派遣の場合には勤務先の企業が正社員やアルバイトと同様に、自由に勤務する部署の移動や仕事内容の変更などを支持することができるのです。

よって派遣の場合にはある程度仕事ができる人が望まれますが、請負は多少経験が浅くても勤務できる職場が多くなっています。

プロとしての意識を持つ

派遣というとアルバイト感覚で仕事をする人も多いですが、通常派遣というのは即戦力とならなければいけない人材であるため、常にプロとしての意識を持つことが大切です。人材派遣会社では、すぐに人材が欲しい企業へ人を派遣する訳ですから、正社員やアルバイトのように、1から教えるということは殆どしません。

特にある程度の技術や知識が必要になるような仕事では、あらかじめある程度の技術と知識がなければ勤まりませんので、人材派遣会社ではスキルアップのための支援活動を色々と行っているのです。もちろん転職支援をしていく上で、技術や知識は欠かせないので、自分の会社から他社へ派遣しても恥ずかしくない人材を送らないといけません。

よって人材派遣会社を利用する場合には、しっかりとプロとしての意識を持って仕事をしなければいけませんし、通常派遣として働く人は、学校を卒業してから正社員として勤務をした経験がある人が多くなっているので、技術や知識だけではなく、マナーも見つけていなければいけないのです。

関連キーワードで「ブラック」と表示される

しかし、派遣社員が派遣される会社というのは、急を要している、いわゆる職場が納期に追われている、仕事量が膨大なケースが多いです。

派遣社員は、「消化」すべく、炎上されている職場へ派遣されるので、精神的に厳しい状態になることが多いのです。

派遣先の会社は、一般的に会社名で検索してみると、「ブラック」とか、「ブラック企業」と表示されることが多く、会社の評判を落ちているケースが少なくありません。それ以外にも「評判」「口コミ」といった関連検索キーワードがでており、それを検索してみると、多数の批判的な意見が多数でることも多いわけです。

炎上している会社の場合、関連検索キーワード削除などをつかって、評判管理していることもありますが、多数のネガティブワードで検索されているので、手が回らないケースもあるようです。

大切なのは、厳しい職場環境であったとしても、社員を大事だと思うこと。また、派遣社員だとしても丁寧に対応すること。そういった、「人を大切する会社」になることが大切な評判管理になることを忘れてはいけません。